BUSINESS

事業セグメント

グループ会社の能力を結集し、
汚染土壌処理・産業廃棄物処理・食品リサイクルなど
広範な環境事業分野におけるパイオニアであり続ける

わたしたちS-Groupは、環境分野における浄化・リサイクル処理のスペシャリストです。
グループ会社及びパートナー会社と一体となって生み出してきた技術力・ノウハウと全国規模の物流ネットワークを活用して、お客様の多様なニーズに応じて最適な処理・リサイクルモデルをご提案。業界のパイオニアとしてグローバル企業から地域の小規模事業所まで、幅広いお取引の実績を有します。

わたしたちの強み

  1. 広域物流機能を活用した全国へのサービス展開

    業界でも貴重な横浜-名古屋の専用港湾バースや中部・北陸・西日本での自社車両による緻密な陸送ネットワークにより、多様なお客様のニーズに迅速かつ柔軟にお応えできる強力な物流体制を整備しています。

    自社車両による中部・北陸・西日本対応/内航船による全国網羅
  2. 国内最大級の大規模処理能力を備える、
    汚染土壌処理事業のパイオニア

    S-Groupは、汚染土壌処理事業のパイオニアとして、国内最大級の浄化処理設備を有し、また最新設備を積極的に導入することで、汚染土壌処理業界をこれからもリードしてまいります。

    • 洗浄処理施設(サン・ビック:名古屋事業所)
      洗浄処理施設
      (サン・ビック:名古屋事業所)
    • 完全無人型デジタルトラックスケール(ジー・イーテクノス:横浜事業所)
      完全無人型デジタルトラックスケール
      (ジー・イーテクノス:横浜事業所)
  3. 特許技術・先端技術の導入により、
    環境負荷を低減しつつ高難度の処理にも対応

                 

    食品リサイクル事業においては、都市部における密閉型のたい肥化施設に関する特許を所有。産廃処理事業ではシアン等を処理できる亜臨界処理設備を保有し、環境負荷を低減しつつ高難度の浄化・リサイクル処理も可能です。

    • 密閉型堆肥化施設(ケミカルフォース:名古屋工場)
      密閉型堆肥化施設
      (ケミカルフォース:名古屋工場)
    • 中和処理施設(サン・ビック:半田事業所)
      中和処理施設
      (サン・ビック:半田事業所)
  4. 汚染土壌から食品廃棄物まで
    産業を問わず幅広い対応が可能

    多種多様な自社プラントを活用し、土木・建築分野の汚染土壌から自動車・化学分野の廃油・廃液、飲食・小売分野の食品廃棄物まで、幅広い浄化・リサイクル能力を保有しています。

    自社車両による中部・北陸・西日本対応/内航船による全国網羅

S-Groupの3大処理事業

S-Groupの
汚染土壌処理事業

わたしたちS-Groupは、グループ会社・パートナー会社との連携を通じ、様々な汚染土壌のリサイクルモデルを開発・提案・実現してきました。国内最大級の汚染土壌処理施設や、高難易度処理を可能にする国内初導入の設備をいち早く取り入れるなど、最先端の汚染土壌処理事業を展開しています。

許可一覧

事業内容・プロセス

  1. 収集・運搬

    横浜・名古屋に有する自社専用港湾バースを活用することで、北海道から沖縄まで全国をカバーする大量輸送を可能にしています。

    • 横浜自社専用港湾バース
      横浜自社専用
      港湾バース
    • 名古屋自社専用港湾バース
      名古屋自社専用
      港湾バース
  2. 浄化・分別等処理

    分別・発熱・洗浄など、汚染土壌の内容に応じて効果的な処理方法を選択。汚染土壌は土壌汚染対策法による特定有害物質25項目にくわえ油、臭気などの不健全土壌の浄化にも対応可能です。

    セメント原料や土木資材としてリサイクル
対応会社

株式会社サン・ビック
詳しく見る

西日本 サンワ技研株式会社
詳しく見る
中部・北陸
東日本 株式会社ジー・イーテクノス
詳しく見る

S-Groupの
産業廃棄物処理業

わたしたちS-Groupは、全国規模の産業廃棄物処理ネットワークを構築・駆使し、お客様のニーズにお応えしながら資源の再利用事業を充実させ、資源循環型社会の形成に貢献しています。

許可一覧

事業内容・プロセス

  1. 収集・運搬

    中部・北陸・関西圏を広くカバーする自社専用車両のネットワークを活用し、多様な廃棄物の収集運搬が可能です。

    対応エリア
  2. 中間処理・リサイクル化

    わたしたちS-Groupでは、産業廃棄物を無害化するだけでなく、再び使用可能な資源として有効活用するためのリサイクル化も行っています。従来は焼却対象だった廃棄物についても、燃料への再加工、セメント原料化、金属資源の回収などによって貴重な資源として再生することで、最新の社会的な要請にも先取りして応えています。

    多機能プラントによる最適処理
対応会社

S-Groupの
食品リサイクル事業

わたしたちS-Groupは、産業廃棄物のみならず、一般廃棄物の処理にも対応可能です。
太陽光と好気性微生物の活動を利用したクローズド式により食品廃棄物を堆肥化させるリサイクル処理施設を所有。これまで焼却されてきた食品廃棄物を資源として活用することで、持続可能な循環型社会へのさらなる貢献を目指しています。

許可一覧

事業内容・プロセス

  1. 収集・運搬

    S-Groupでは、グループ会社・パートナー会社との連携を通じて名古屋市エリアにおいて食品リサイクル事業を展開しています。
    市内のスーパー・小売店、飲食店などから排出される食品廃棄物を自社専用プラントにて有機肥料へと再生しています。

  2. 中間処理・リサイクル化

    受け入れた食品廃棄物は、特許技術を有する専用プラントにて微生物の働きによる発酵作用を通じて、1か月以上をかけてゆっくりとたい肥化されます。

    微生物による発酵処理
  3. 販売

    再生したたい肥は、有機肥料として農業法人や農家の皆様、広くは海外へも販売され、ご愛用いただいています。

    販売フロー
対応会社
西日本
中部・北陸 株式会社ケミカルフォース
詳しく見る
東日本